You are here: Home » China eCommerce » アリババの今年最後のイベント「ダブルトゥウェルヴ(双12)」とは?

アリババの今年最後のイベント「ダブルトゥウェルヴ(双12)」とは?

アリババ「Tmall(天猫)」のシングルデー流通額が日本のEC業界では今も話題に上がっていますが、中国EC業界の関心は、C2C向けモールTaobao(淘宝網)で12月12日に開催されるイベント「ダブルトゥウェルヴ(双12)」へとすでに向けられています。

今回は中国ECの基礎情報とあわせて、この聞き慣れない言葉の「ダブルトゥウェルヴ(双12)」についてご紹介します。

 || アリババの「Tmall(天猫)」と「Taobao(淘宝網)」

tianmao

画像1 Tmall(天猫)TOPページ

taobao

画像2 Taobao(淘宝網)TOPページ

現在アリババグループの主席であるジャック・マー(馬雲)が、2003年にTaobao(淘宝網)を創立しました。ここ最近日本ではシングルデーの影響で、Tmallがメディアではよく取り上げられていますが、実はTaobaoのほうが歴史は古く、またショップ数や平常時の流通額もTaobaoがTmallを大きく引き離しています。(Nint調べ)

アリババがTaobaoを創立した当時、オンラインショッピングは中国ではまだ黎明期であり、Taobao出店店舗の多くが企業ではなく個人によるものでした。そのためTaobaoはその性質から、今日ではC2C(Consumer to Consumer)と呼ばれる消費者間取引を行うショッピングモールとなりました。

そして2008年、アリババはこのC2C向けモールに大手企業の出店を誘致するため、Taobao内に新たにTaobao-mall(淘宝商城)を立ち上げ、その2年後である2010年11月1日、アリババはTmallの独自ドメインを取得し、Taobao-mall(淘宝商城)を企業と個人間取引の場であるB2C(Business to Consumer)ショッピングモールと位置づけることに成功しました。

それから2年後の2012年、Taobao-mall(淘宝商城)は正式名称を今日呼ばれているTmall(天猫)へと改名しました。

 || Tmallの「シングルデー(双11)」とTaobaoの「ダブルトゥウェルヴ(双12)」

Taobao-mall(淘宝商城)は2008年に創立されたのですが、Taobaoに比べるとそのショップ数や取引額、そして認知度は非常に低いものでした。そこでアリババはTaobaoの消費者にTaobao-mall(淘宝商城)の存在を覚えてもらおうと、2009年11月11日を「Taobao-mall(淘宝商城)の日」として販売促進イベントを行うことになりました。このイベントが、現在日本でも注目されているシングルデー(双12)(※)となったわけです。

このTmallシングルデーの成功を受け、2012年からはTaobaoでも12月12日に「双12」というイベントを開催することになりました。これが今月間もなく開催されるC2B向けのイベント、「ダブルトゥウェルヴ(双12)」というわけです。

(※) 中国語の「双11」は、2012年12月28日にアリババグループが商標権を取得しています。

 || 「Tmall(天猫)」と「Taobao(淘宝)」の違いとは?

ここまで各モールとイベントの開催経緯を見てきました。以下にTmallとTaobao、シングルデー(双11)とダブルトゥウェルブ(双12)の情報をまとめましたので、ご覧ください。

tianmao&taobao

図3 TmallとTaobao、シングルデー(双11)とダブルトゥウェルブ(双12)

ダブルトゥウェルヴのイベント詳細を見ていただくと分かるように、消費者がオンラインショッピングで購入体験を向上できるようにと、消費者のために様々な措置が取られていることがわかります。他にもダブルトゥウェルヴでは、イベントへの期待感を向上させるために、TOPページに「淘宝1212」という特別ボタンを設置し、そこからジェットスターに乗ってネットショッピングの世界へと滑走し始めるアニメーションも用意されています。(※)

ダブルトゥウェルヴ年度祭典(1212年度盛典)へのリンク
 (※)本記事の掲載時には、すでにTaobaoTOPページからリンクは外されていました。

こうした消費者を中心として企画されているアリババの「ダブルトゥウェルヴ(双12)」ですが、今後数日は更にメディアやウェブなどで、大々的なプロモーションが行われることは間違いありません。

ダブルトゥウェルヴ(双12)のイベント結果についてアリババがどのようなデータを公表するか、またTaobao出店店舗がどれぐらいの利益を得ることができたのか、数日後の中国メディアの報道が今からとても楽しみです。

Share This:

Takuya Mitsui

EC Big Data Div. Director at Adways Technology Limited. 【Contact】■LinkedIn : https://www.linkedin.com/in/takuya-mitsui-6aa220b9 ■Facebook : https://www.facebook.com/takuya.mitsui.756 ■we chat : mitsui33sky

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です